イベントカテゴリ: 日替わり湯

万葉集にも登場する歴史の深い紫根は、「ムラサキ」という植物の根を乾燥させて得られます。主成分「シコニン」は、炎症を鎮め、肌の乾燥を防ぎ、血行を促進して滑らかな美しい肌へと導きます。

温浴素じっこうは、温泉成分に生薬成分である川芎をふんだんに配合、温浴効果をより一層高めた漢方薬湯です。川芎をはじめとしたが血行を促進して末梢循環を改善することにより、ポカポカと体を温め、湯冷めを防ぎます。

今日では健康茶として親しまれている「どくだみ」。十薬(じゅうやく)とも呼ばれます。どくだみの薬湯は、あせもやにきび・吹き出物などの皮膚疾患に効果があると言われます。

吟醸酒とコメヌカエキスを配合。にごり酒のような乳白色のとろみの風呂は、日本酒の美肌効果と香りで心と身体を癒します。しっとり潤い、お風呂上りもポカポカ感が持続します。